当サイトはInternet Explorerに対応しておりません。画像が表示がされない・レイアウトが崩れる場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • HOME
  • 会社設立サービス
  • 個人と法人のメリット・デメリット

個人と法人のメリット・デメリット

個人法人ではを中心に
扱われ方が変わってきます

起業(独立や開業)を検討されるお客様からのご相談で、個人事業主としてビジネスを開始するか、法人を設立するかで迷われる方が多くいらっしゃいます。節税のメリットを重視するか、個人の気軽さを重視するか、どの形態を選択したとしても有利不利が一概に決まるわけではありません。

また、法人設立の場合は、設立手続きをご自分でされるのか専門事務所に依頼するのか、しっかりとご検討の上で行うことが事業の大きな成功の第一歩となります。まずは個人事業主・株式会社・合同会社のそれぞれの特徴を知って、自分にあった形態をイメージしましょう。

個人と法人

法人は設立せず、まずは手軽に

個人事業主

メリット

  • 0円ですぐに事業を始められる
  • 経理、税務など運営が簡単
  • 年1回の個人の確定申告のみ

デメリット

  • 信用度の点で大手との取引や採用で不利
  • 経費に認められる範囲が狭い
  • 事業を行っている全責任を事業主が負う

このような方におすすめ

  • 手軽に事業を始めたい
  • 開業後の売上が低い(数百万円程度)予想
  • 軌道に乗ってから法人化を考えたい

設立するなら知名度No.1の

株式会社

メリット

  • 社会的な信用度が高い
  • 金融機関からの融資を受けやすい
  • 採用活動では安心感があり有利

デメリット

  • 複雑な税務申告(法人決算書・申告が必要)
  • 定款作成・登記等の費用が20万円以上
  • 一定期間ごとに役員の改選手続きが必要

このような方におすすめ

  • ゆくゆくは会社の規模を大きくしていきたい
  • 将来、株式公開や投資家からの増資を検討
  • 社会的信用度の高さが求められるビジネス

設立急増中の新しい法人形態

合同会社

メリット

  • 会社設立時の費用は登録免許税6万円のみ
  • 決算公告義務がない(公表しなくてよい)
  • 社員の任期がない

デメリット

  • 業種によって許認可が下りないことがある
  • 上場ができない
  • 代表者の肩書は「代表社員」

このような方におすすめ

  • とにかく費用を押さえて会社設立したい
  • 家族経営で規模を大きくはしない予定
  • 意思決定の早い組織を作りたい

CHECK!合同会社について

会社設立の際に合同会社が選択できるようになり、10年以上経過しました。現在は認知度も上がり、活用の幅は広がっています。
新規設立・別会社立ち上げの選択肢としておすすめします。

合同会社の特徴

  • 経営者と出資者が分かれておらず、お金を出した人が経営を行う(社員)
  • 社員同士で協議して会社を運営することができる
  • 合同会社設立後にも株式会社への組織変更が可能

法人成り(法人化)
おまかせください!

法人成り(法人化)のメリット・デメリットは様々です。節税や対取引先の信用面でのメリットもあれば、社会保険料などの負担、複雑な登記や申請・申告のためのコスト…といったデメリットもあります。事業の現状や、今後どうしていきたいかのビジョンもふまえ、最適な道を一緒に考えましょう。

実際にこんなご相談をいただいています

お客様
個人事業主です。周りからの勧め
があり法人化を考えています。
お客様
うちのような小さいところでも
法人化は可能でしょうか?

法人成り(法人化)であっても通常の会社設立であっても、手続き自体は変わりません。しかし、ゼロからの起業と違い、法人成り(法人化)は新会社が個人事業主の財産(資産・負債)を引き継ぐところがポイントになります。ご自分でも手続きは可能ですが、ご自分で設立された方のご相談を受けておりますと、財産の移行や設立後の節税方法など手続き上もったいないと感じる部分が多くあるのも事実です。法人成り(法人化)の前から専門家を存分にご活用いただくため、ベンチャーパートナーズでは設立時から設立後も料金的に抑えたプランをご用意しております。

会社設立のご相談は何度でも無料です。
どんなことでもお気軽にどうぞ!