建設業の法人化サポート

建設業の社会保険加入義務化対策や、取引先からの要求があったなど、個人事業から法人化(法人成り)のご相談が増えております。

実際にこんなご相談をいただいています!

電気工事業
現在、個人事業主ですが法人成りの必要があり法人登記したいです。(2017.8 電気工事業)
管工事業
一人親方で国民健康保険に加入していますが、株式会社を設立し従業員を雇い5名でやっていきたいと思っています。
社会保険加入の手続きがわからないので、専門の方にやっていただきたいです。(2017.9 管工事業)

建設業の法人化をサポートします

ベンチャーパートナーズでは建設業の法人化を4つのポイントで全力サポートします!

  1. 1会社設立、許可申請の手続き代行します
  2. 2社会保険の加入手続きもご依頼ください
  3. 3融資・助成金申請をサポートします
  4. 4建設業の経理・会計もお任せください

面談はで現在の状況と今後のビジョンをじっくりお伺いします。法人化するメリット・デメリットはどうか、株式会社や合同会社などどの形態がよいか、適切な社会保険の加入など、起業専門コンサルタントが一つ一つの疑問にご回答いたします。面倒で繁雑な会社設立の書類作成から提出まで私たちが代行いたします。専門知識がない、時間がないなどお困りの方もご安心ください。

法人成り(法人化)の前から専門家を存分にご活用いただくため、ベンチャーパートナーズでは設立時から設立後も料金的に抑えたプランをご用意しております。

許可申請の手続き代行します

建設業許可

建設業許可申請の手続きもベンチャーパートナーズにご依頼ください。
個人事業主として建設業許可を取得すると、法人化した際に引き継ぐことが出来ません。再度新規で建設業許可を取得する必要があります。
ベンチャーパートナーズに会社設立と建設業許可を同時にお申し込みいただくことでスピーディに手続きを完了できます。
新規で建設業許可を取得しようと検討されている場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

社会保険の加入手続きもご依頼ください

社会保険加入

近年求められる建設業事業所の社会保険加入も完全対応いたします!
どの形態でどの保険に加入しなければいけないのか、ご自身での判断が難しい場合はどうぞお気軽にお問い合わせください。
事業所の負担になる社会保険料のコストシミュレーションや、適切な加入のアドバイスを行います。ベンチャーパートナーズグループには社会保険労務士法人もあり安心です。

資金調達、助成金受給もサポートします!

法人化することで信用度が高くなり金融機関からの借り入れには有利になります。もちろん個人事業主のままでも借り入れは可能です。
事業の現状や、今後どうしていきたいかのビジョンもふまえ、最適な道を一緒に考えましょう。
また、法人設立時に取得可能な助成金や補助金があるかコンサルタントが診断いたします。融資と違い返済の必要のない助成金は積極的に狙っていきましょう。

設立後の経理もおまかせください

建設業の経理事務は専門性が高く、経理担当者の負担が大きい、人材が集まりにくいなどのリスクがあります。 建設業の得意なベンチャーパートナーズに設立後もすべてお任せください。税務はもちろん会計処理や請求書発行など経理業務の代行も承ります。

起業支援スタッフ
事業の内容や見通しを相談しながら適切な経理体制を構築しましょう。
お一人で悩まずに、まずはお電話ください!
ベンチャーパートナーズを選ぶ理由

高橋

私達は起業支援のための事務所です

他事務所よりはるかに沢山のサポート実績があります。多くの成功事例も間近で見てきています。そんな私たちの持っているノウハウを存分にご活用いただき、ぜひ「起業」を成功させてください。

まずは「無料相談会」にお申し込みください

他の行政書士事務所、設立業者などに頼むことを検討されている方も遠慮なくどうぞ。 専門事務所として経験を積み重ねてきた私たちのサービスの違いを体感してください。